TOP PAGE > 技術コラムトップ > 面取り作業

★各種物品・器具工具の開発状況
★地下ケーブルのセキュリティを確保「情報BOX等施錠内蓋」
(株)ミライト・テクノロジーズ
★クレーンいらず「軽量蓋開閉機」
(株)ミライト
★CCBOX鉄蓋用「改良型鉄蓋開閉工具」
池野通建(株)
★管路側面の開孔を実現!
「フリーアクセス工法」
★まあるく、まあるく。
「管端の面取り作業」
★大胆、かつ繊細。
「管開き作業」
★緊張の危険工程だ!
「縦切り作業」
★ケーブルに注意して。
「開孔作業」
★管路をのぞく。
「モクシ君」
★自分の命は自分で守る。
「セーフティエアバック」
★先進技術が老朽管路を救う
「非開削管路補修工法」
★騒音振動を抑えた画期的工法
「静的コンクリート破砕」
★管路を輪切りする
「割管工法」


面取り作業の拡大写真。
これで、ケーブルをまあるく包み込む。
ここまで気を使わなければ、現在のような安定した通信の供給はできないのだ。

ケーブルを傷つけずに、管路端をヤスリしたい。
管路工事では、必ずこんな状況が発生する。我々CCBOX建設21は、こんな状況でも安全に施工することができるのだ。
活きているケーブル(通信している)損傷することなく、安全にヤスリがけをする。
その為の専用工具がこの面取り機、ケーブル保護カバー機能付きで安全に速く面取りができる。
通信管路施工を得意とするCCBOX建設21ならではの特殊な工具である。
通信ケーブルを布設する時、面取りが悪いと、ケーブルに傷を付き、最悪ケーブルに水が入り通信不能となる。通信ケーブルは"活きている"のだ。
我々CCBOX建設21は、ケーブルの中を流れる幾多の信号の重要性を誰よりも知っている土木屋であることを自負している。

2002.10.1