TOP PAGE > 技術コラムトップ

★各種物品・器具工具の開発状況
★地下ケーブルのセキュリティを確保「情報BOX等施錠内蓋」
(株)ミライト・テクノロジーズ
★クレーンいらず「軽量蓋開閉機」
(株)ミライト
★CCBOX鉄蓋用「改良型鉄蓋開閉工具」
池野通建(株)
★管路側面の開孔を実現!
「フリーアクセス工法」
★まあるく、まあるく。
「管端の面取り作業」
★大胆、かつ繊細。
「管開き作業」
★緊張の危険工程だ!
「縦切り作業」
★ケーブルに注意して。
「開孔作業」
★管路をのぞく。
「モクシ君」
★自分の命は自分で守る。
「セーフティエアバック」
★先進技術が老朽管路を救う
「非開削管路補修工法」
★騒音振動を抑えた画期的工法
「静的コンクリート破砕」
★管路を輪切りする
「割管工法」

技術コラムでは、通信の地中化工事のプロ集団であるCCBOX建設21ならではの独特な技術・工法を、多数ご紹介していきます。
左側のコラムタイトルをクリックしてみてください。


私共の「通信土木」の技術は、土木業界のなかですらあまり知られていない分野かもしれません。 実際のところ、地中化工事に関する技術を、広く多くの方々に知って頂く機会は、なかなかありませんでした。そこで、ホームページ開設にあたり、「できるだけたくさんの方に私共の技術・工法を知っていただけたら」と思い、この技術コラムのページを作成致しました。ここでは、実際に工事に携わっているCCBOX建設21のエンジニア達が、自身の技術の特殊性に目を向けて、コラムを書いております。



「通信土木」で扱う通信ケーブルは、大変重要かつ繊細なものです。対照的に、「土木工事」は、扱う重機・工具も大きくダイナミックな分野です。
まるで「グローブをはめた手で生卵を扱うような」、そんな仕事かもしれません。その為の多くの工法や技術の研究開発が、長年にわたり行われ続けてきました。その中には、ケーブルを傷つけない為の様々な工夫をされたものがたくさんあり、私共はその技術により、高い安全性と高品質な施工を実現しています。

尚、こちらに掲載いたしました工法等についてのご質問・お問い合わせは、「ご注文・ご相談ページ」にて、承っております。お気軽にお問い合わせください。